奴隷志願の女、マチ針責め石抱き責めがグロい

※本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

 

奴隷志願の女、マチ針責め石抱き責めがグロい

奴隷志願 死の直前まで。というタイトルの作品です。かなり厳しい責め数々を見られる作品ですけど石抱き責めでは文字通りブロックを何段も膝に積まれた状態でフェラさせられておりました。フェラしてるので案外膝の痛さは半減するのかもしれませんがそれでもかなりキツでしょうね。数分でもう限界に近い状態になりそうですし。4段ほどブロックが詰まれてました。石といってもセメントで出来てるものだとおもいますけどセメントの成分って石なんでしょうかね?そのあたりは詳しくないんでわからないけども重さが見てて伝わってきましたしこれって男よりも女性のほうが我慢できるのかもしれません。肌質が男より柔らかい分、ちょっとはクッションになるでしょうし。あとは女性のほうが我慢強いってのもあるかとおもいます。皆さんの庭とかにもブロックが置いてるご家庭はあるかとおもいますけど試しに2段くらい膝に置いてみてはどうでしょうか?それである程度どの程度辛いものかわかるとおもうんで。四つん這いでお尻にマチ針責めをされていたシーンも凄かったです。お尻に無数のマチ針が刺されてますけど、これも相当痛みをともなったはずです。完璧なマゾでないとまずできないプレイだとおもいますね。マチ針ってちょっとお肌に触れただけでも痛いくらいのものですからね。お尻ってかなり柔らかくて敏感なところなんで痛みは特に激しかったはずです。

 

 

両手足が拘束されての拷問板による百叩きシーンも迫力ありました。これも最初のうちはそれほど痛くないかもしれませんが叩かれてるうちにどんどん痛みが増してくるんだとおもいます。ヒリヒリするような痛みで思わず悲鳴も出てましたね。これも絶対経験したくないwでも真性マゾであればこれもかなりされたいプレイなのでしょう。蝋燭責めにしても鞭責めにしてもかなり厳しいものがありました。痛みがすごく伝わってくる作品を見たい人には必見な作品であります。やっぱり痛みが伝わってくるってこの手の作品では外せない部分ですしそういうものだと1回だけでなく何度でもみちゃいますからね。イコールで作品としての価値が高いといえます。

 

 

 

☆その他のハードな針責めシーンがある必見作品↓
⇒無数の乳首や乳房への針刺しなどで流血、超非道です。

 

 

⇒本編はこちらから
この動画の優良配信サイトであるDUGA無料会員登録はこちらから
   ↓
無料会員登録